Django環境構築(MAC)

***ShannonLabインターン生向け

MACでEclipce上Django環境構築を行う。

 

順番と説明は下記の通りです。

1.easy_installをインストール

2.Djangoをインストール

3.インストールの確認(Hello Django)

 

1.easy_installをインストール

1.1 pythonのターミナルを立ち上げ、コマンドを入力できる状態にする。

1.2

$ curl -O http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py

標準のMacではwgetコマンドは使えないため、curlを使用する。

1.3

$ sudo python ez_setup.py

easy_installのインストールが行われる。

sudoで特権を付与しているが、しなくても実行できるかもしれない。

sudoで実行する場合、特権を持つユーザーのパスワードを要求される。

 

2.Djangoをインストール

2.1

$ sudo easy_install django

先ほどと同じように実行することで、easy_installでDjangoのインストールが行われる。

3.インストールの確認(Hello Django)

3.1 任意のディレクトリに移動する。

例)

$ cd /Users/ ... /workspace

3.2

$ django-admin.py startproject mysite

先ほど移動したディレクトリに、mysiteというプロジェクトを立ち上げる。

3.3 $ cd /mysiteでmysite内に移動して

$ python manage.py startapp myapp

mysite内にmyappディレクトリを作成する。

3.4 mysite内の、manage.pyが存在するディレクトリに移動して

$ python manage.py runserver

サーバーの起動に成功した場合、URLが表示されるので、

そのURLにアクセスすることで”It worked”と表示されるはず。

3.5 “Hello Django”を表示させるために、以下のファイルを書き換える。

mysite内のsettings.pyとurls.py

myapp内のviews.py

settings.py

INSTALLED_APPS内の最後に一行追加するのだが、

その前にmysiteの構成を確認してほしい。

mysite/ manage.py

     settings.py

     myapp/views.py

本来はこのような構成となるようなので

'mysite.myapp',

と付け加える。

原因はわからないが、今回プロジェクトを作成した際、

mysite/ manage.py

     mysite/ settings.py

     myapp/views.py

このような構成となっていた。その場合は

'myapp',

と付け加える。

urls.py

urlpatterns内の最後に一行付け加える。

(r'^$','myapp.views.index'),

views.py

コメントの下に以下の3行を追加する。

from django.http import HttpResponse
def index(request):
    return HttpResponse('Hello Django')

3.6 サーバーを再起動し、アクセスしなおすと、”Hello Django”と表示されるはずである。

Comments are closed.