弊社主催の人工知能セミナーの紹介を新宿区議会議員のいとう陽平さんのブログに載せていただきました!

2016年12月28日に、弊社が開催した人工知能セミナー「シンギュラリティに備えよ!~最先端研究からSociety5.0~」について記事を書いていただきました。

シンギュラリティに備えよ!~最先端研究からSociety5.0~ 汎用

(記事から一部抜粋)

シンギュラリティは技術的特異点とも呼ばれ、2045年ごろに人工知能が人間の能力を超えてしまうと言われています。

例えば、人工知能がさらに優れた人工知能を作り出せるようになれば、それが繰り返され、爆発的にテクノロジーが発展していく予測不可能な世界へと突入します・・・(続きはコチラ

 

人工知能セミナー「シンギュラリティに備えよ!~最先端研究からSociety5.0~」

「Society5.0」とは、

狩猟社会→農耕社会→工業社会→情報社会 に続く5番目の人工知能を用いた社会という意味で、日本政府が示している科学技術政策の基本指針「第5期科学技術基本計画」の文中で用いられている言葉です。

人工知能セミナー開催の意義

現在でもすでに人工知能は着実に実用段階へと移行しつつあります。例えばチェスや将棋、囲碁のようなゲームのプレイヤーとして、人工知能が運用されているという事例や、自動運転を行う頭脳としての活用、加えて、自動翻訳にも人工知能が使われていることが話題となっています。

このように、人工知能は様々な形で活用が始まっているため、人工知能に関する知識の共有および、人工知能技術のご紹介の場として開催いたしました。

Comments are closed.